その坂の向こうに〜G5&TARMACで駆け上がれ!

GIOS AMPIOで始まった自転車ライフ。BH G4でヒルクライムに目覚め、BH G5で抜け出れなくなり、ついに禁断のSWORKS TARMACに乗り換えました〜

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

重量計測 

AMPIOにSHIMANO105を組み、ドロップ化をした後の自転車重量を計測してみた。

ノーマル重量:10.3Kg(カタログ値)
※サイコン、ボトルゲージ2個、サドルバックの取り付けアダプタ,、リヤライト、
ペダルを除いた重量。

ドロップ化後:10.4Kg
※こちらはサイコン、ボトルゲージ2個、サドルバックの取り付けアダプタ、
リヤライト、ペダルを含めた重量。

・計測手法
TANITA体重計にまず自分のみで体重計測し、次に自転車を持った状態で
体重計測。あとは引き算ですね。

一見.0.1Kg重量が増えたように見えますが、付属品の類を考えると
若干は軽量化(大差ないですが。。)されているようです(と考えたい!)。

軽ければ軽いほど良いロードバイク(元フラットバーロードですが)。
クロモリフレームのAMPIOでどこまで軽量化できるか!?

先日悩みつつもwiggleで発注してしまったプロロゴのサドル取り付け後に
また計測してレポートします!
スポンサーサイト

テーマ: 自転車

ジャンル: 趣味・実用

△page top

« 続:サドル交換を考える  |  AMPIO 105 シェイクダウン »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ampio.blog83.fc2.com/tb.php/31-8994d57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。