その坂の向こうに〜G5&TARMACで駆け上がれ!

GIOS AMPIOで始まった自転車ライフ。BH G4でヒルクライムに目覚め、BH G5で抜け出れなくなり、ついに禁断のSWORKS TARMACに乗り換えました〜

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

富士ヒル最終調整 

富士ヒルクライムの最終調整にいってきました。F6R+27Tを試すのが目的。スバルラインかヤビツかを悩んだ結果、タイム的な物差しも欲しいなという事でヤビツに。


名古木までは軽い向かい風、前回師匠ときた時と似た感じか?

善波トンネル手前セブンイレブンで休憩し、名古木交差点へ。

善波トンネル脚をソコソコ使い、交差点に着く頃には汗だく。。

気を取り直してスタート~
残念ながら特に追い風も無く、普通にスタート。

相変わらずの無策、序盤から全力( ̄▽ ̄)

一個目の信号は赤、完全停止。。シグナルブルーで再加速、ヨッコラセ。

コンビニ信号は青で通過。
ここからしばらくはアウター中心に速度アップに注力。

蓑毛のバス停直登坂は34T×24T、時々27Tで登坂。ここまでは良い感じ。

バス停後の◯坂(減速路区間)、チューブラーのF6Rは振動に強いので、キシエリよりは楽に通過。

ここからは緩い勾配(5%以下)はアウター回して走り、ペースを維持。

菜の花台は27分10秒くらいで通過。自己ベストは26分台なのでそこまでは速くないけど、まあまあなペース。

だがここからが難しい。心拍数が上がらず、ゼイゼイな状態。。脚はまだいけそうなのに、苦しくてしゃーない。

それでもどうにか踏ん張って走り、峠手前500mからはアウターダンシングでゴール。

タイムは。。
38分55秒でした。。久しぶりの38分台ですが、ギリギリ過ぎです( ̄▽ ̄)

やっと二年前に近づいてきたか。。練習、今の倍くらいしていたよな、あの頃。。まあ、少し戻ってきたということか。。進歩無いともいうけど。。

今回の走りで課題は心肺機能と再認識。こればかりは簡単には強化できんだろうなあ。

ま、とりあえず富士ヒルクライム前の実走トレーニングはこれで終了。後は本番まではゆるく過ごそう。

当日、晴れてくれよ~
スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。