その坂の向こうに〜G5&TARMACで駆け上がれ!

GIOS AMPIOで始まった自転車ライフ。BH G4でヒルクライムに目覚め、BH G5で抜け出れなくなり、ついに禁断のSWORKS TARMACに乗り換えました〜

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

尾根幹~長竹~東南林道~牧馬~大垂水 

くらぶランに参加して来ました。


前夜はザザ降りの雨。6時に路面を見るとまだウェット、オマケに右脹脛は筋肉を痛めたのか動かすとイタイ。左も膝痛…

咳で呼吸もツライし、一瞬DNSよぎりましたがどうにか出発。今日はカントク、タツダさん、サトカズにーさん、オッカー、おいらの5名。

コースは尾根幹経由、長竹、東南林道、他丘多数の後、大垂水と近隣山間コース盛り。

まずは尾根幹、地の利を生かして一応もらっときました。

次いで長竹。ここは尾根幹を圧縮して登り基調にした感じだな。5%時折8%くらい?
一応、ココも頑張っときました。

次いで東南林道へ。三回目?何ですけどあんまり覚えていないや。

林道前にオードブル的にいきなり二桁勾配( ̄▽ ̄)、路面が滑る為ダンシングNG。

短いのでシッティングで一気に登ります。

登り終えた先が思い出せない…通りに出てどうし道に出るんだっけかな?

ゆるゆる走りながら皆と合流。しばらくすると林道入口ゲートが。。あ、まだ登るんだったっけ?完全に忘れてました( ̄▽ ̄)

ここもなかなかの斜度、二桁勾配が続きます。距離は3km程。

この道も最近の天候不良の影響かウエットな路面と急勾配が合間って、ダンシングやトルクかけたペダリングではホイール空転します…

ここも頑張っときました。


皆無事登頂。


下山して、次は牧馬峠をどうし道側から。

個人的には相模湖側からの方が好きなんですが、距離がこっちのが長いし、坂も緩急が有って練習には良い感じ。

ここも貰っときました( ̄▽ ̄)


下山して、お昼。カントクオススメのピザの美味い店があるとかで来てみたら、片山右京さんのお店が♪


店員さんと少し話してみたり。
走行会やるみたいなので一応連絡先を残しすなど。。

さてピサはと言うと、こんな感じ♪

こりゃ美味い!

で、こんな可愛いヤツがお出迎え♪♪


思いのほか贅沢なランチタイムをすごし、最後大垂水へ。

ここまで全勝、大垂水も!と思いましたが、そうは簡単にはいかないのが丸子橋…

峠手前まではオッカー牽き。実はこの段階でタツダさんを警戒していました。オッカーには悪いけど、来るべき勝負所までは前には出れない。

と言うのも、これまでの約1,200mの坂と言う坂で躊躇なく踏んで来たので、もう脚が残ってないんよ。(ここまで坂は牽いてきたし、ピザの分牽いてねってことで♪)

相模湖インター過ぎた辺りでオッカーペースダウン。まだ勝負にゃ早いなあと思いつつも前に。

ペース上げるもやはり脚がなく、逃げるにはゆるい加速しか出来ない。

勝負は交番過ぎてからだな。
タツダさんツキイチ。やはりな。。

交番から山道に入る。一定ペースで走るも背後に迫る気配は止まず。

普段ならアウターで登るこの峠も脚が無く、インナーに落とす。鈍い加速しかできない。。こうなると心理戦。

おそらくゴール前まで牽かせて、頃合いを見てしかけてくるだろう。

速度を落として早めの仕掛けを仕向けるも中々乗ってこない。

ようやくアタックがかかる。うっ、予想より早いタイミング。ここは巻き返し勝負や!

踏ん張ってパス。ゴールまでは500mほど。後ろ10mは離した。よし。

ここで安心したのが運の尽き…策士であり、王滝を上位完走するスタミナの持ち主。甘かった…山頂10m手前で音も無く近寄られ、一気に行かれました…全く反応出来ず…

やられた…流石やタツダさん…
超悔しい…

ということで、全勝にはならず。悔しい!


まあでも久々のトハンスプリント、オモロかったです。

結局この日は100km程の短距離ながら1,400m登りました。

このコースは良いな。また行こう。

iPhoneより更新
スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。