その坂の向こうに〜G5&TARMACで駆け上がれ!

GIOS AMPIOで始まった自転車ライフ。BH G4でヒルクライムに目覚め、BH G5で抜け出れなくなり、ついに禁断のSWORKS TARMACに乗り換えました〜

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

FOCUS IZALCO EXPERT 

自転車仲間、Aqua号が今カーボンバイクへの
乗り換えを検討している。

候補はこれだ!
FOCUS IZALCO EXPERT!!!
foroizexperp01.jpg

すっげーっ!本物ロードレーサーです。
我らがサイクルベース VERDEオススメバイク。

Aqua号、揺らいでます。グラグラきてます!
今週にも注文か~

でもちょっと(大分?)予算オーバーらしい。。
乗り味もイマイチ情報が少ないのも決断しにくい理由のよう。

少ない情報を見る限り、フレームは剛性高ダイレクトに
入力に反応するような感じのよう
踏んだ分だけしっかり進んでくれる感じ?
G4っぽい?

G4は高剛性フレームです。雑な中途半端なペダリングは受け付けてくれず、
購入当初は上りもへたするとAMPIOより遅かったような気がします。。

富士ヒルくらいから、ようやく自分なりに良さがわかってきました。
ローラーでの筋力アップ効果も好影響してるのかもしれません。

購入当初は総重量の軽さに浮かれつつも、その高剛性フレームに、
「うげー堅い!やっちまったか~」と長距離でのつかれを感じて
その対処(なれ?)に時間がかかり、
(表向きは良い!って連呼して自分を言い聞かせたりして)
しばらくして、「あれ!なにコレ、ノボリらくじゃん!」って、
力が逃げにくいことの良さに気が付く!てな具合にきちんとなんとなく
理解するのに時間が必要なのかもしれません。

最近はキレイなペダリング意識しているときは、自分の脚力でも
踏み込んだ分、ちゃんと応えてくれるようになりました。

ダンシングでステアリングが不安定になるようなことも
無くなったな~。

IZALCO EXPERT、フレーム素材ハイモジュラーカーボンは
高弾性なフレーム素材みたい。
その通りのスペックなら、快適長距離ライドというよりも
攻めるロードバイクって感じなのかなぁ。

でもカーボンフレームはどのくらい圧縮されているかで
堅さ決まるみたいだし、良くわからん。

まぁあれこれ考えても、最終的に結構大事なのは見た目
気に入るか!だとも思いますけどね!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブログランキング参加中~
ワンクリックお願いします!














スポンサーサイト

テーマ: 自転車

ジャンル: 趣味・実用

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。