その坂の向こうに〜G5&TARMACで駆け上がれ!

GIOS AMPIOで始まった自転車ライフ。BH G4でヒルクライムに目覚め、BH G5で抜け出れなくなり、ついに禁断のSWORKS TARMACに乗り換えました〜

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

DI2バッテリーはどのくらい持つのか? 

DI2を使うようになり、どのくらいが経ちましたか。。


1年くらいですかね。その間にバッテリー充電をした回数はたぶん5~6回くらいです。大体レースの前日に充電をするわけですが、バッテリー切れを起こしたことはまだ一度もありません。



ちなみにバッテリーの状況はレバーの長押しすることで、ジャンクションAのLED状態で確認ができます。

1)100%:緑点灯(2秒間)
2)50%:緑点滅(5回)
3)25%:赤点灯(2秒間)
4)0%:赤点滅(5回)



さて、いったいどのくらいバッテリーは持つのでしょう?1000Km位が目安と誰かに教えてもらったような気がします。
さてワタクシはと言いますと。。

12月6日に充電をして昨日練習中にバッテリーチェックで赤色LEDが点灯しましたが、帰宅後にログを調べてみたところ、走った距離が約1600kmでした。



まだ3)の状態なので、残量25%程と考えると、ここからまだ100Kmくらいは走りそうな気がします。今回良いケースなので完全に切れるまでこのまま使ってみようかと。

仲間のDI2は大体1000Km位でバッテリー切れを起こしているみたい。私のは特別燃費が良いのか??普段の走行ではクラブ練習で走るような急坂以外ではフロントの変速をすることはあまりないことや、実走は週末だけで平日のローラーではほとんど変速をしないことなどがバッテリー長持ちの理由かもしれません。

使い方ではなく、バッテリーの消耗が早い場合はパーツのファームウエアバージョンが一致していないことがあるそうな。ファームは最新で、各パーツとも同じバージョンにしておく必要があるそうです。

たとえば、ジャンクションAだけ交換をしたような場合、工場出荷タイミングでファームウエアのバージョンが異なるため、全体を確認したほうが良いそうです。

この作業はPCとの接続が必須です。PC接続のために必要なI/Fは1諭吉以上なので、私は年に1回もないことのために投資はせずにショップにお願いをしおています。

取り付けから一度もファームチェックしていないようなDI2ユーザーは一度確認したほうが良いかもしれませんね。
※特に自分で組んだ方は、出荷時から全パーツバラバラということもあり得ますので一度お試しあれ!

ではまた!
スポンサーサイト

△page top

ヌルテカ 

雨の週末。乗れないのでバイクをキレイにしてみました。

アクアクリスタルっていうガラスコーティング剤で。

仕上がりはこんな感じ。ヌルテカです( ̄▽ ̄)


施工は簡単。付属のスポンジを湿らせて2、3回スプレーしてフレームに満遍なく伸ばし、その後柔らかいクロスなどで磨く。磨くというより拭き取る?

ワックスなどが残っているようなら落ち切るまで待って、施工してください。
あと、着け過ぎるとムラになるので注意が必要かも。

△page top

クリート交換 

SPEEDPLAY クリートを交換。
ついでに本体もスイカ味に変更^ ^

クリート、8,000kmが寿命と言われておりますが、その倍位は使ったような気がします。


ステンレス


クロモリ


ちょっとだけ軽くなりました。

スイカ味の色味、G5とのマッチングはどうでしょう?


クリート位置を慎重に合わせましたが、右足が少し内側に寄り過ぎていたみたい。

実走で調整し、バッチリ

初めは入りにくいのですが、アタリも数時間ででました。



SPEEDPLAY、やはりやめられませんな。

G5、849.6km、G4、24630kmから使用開始~

△page top

SPEEDPLAY グリスアップ 

愛用しているペダル、SPEEDPLAY。

裏表の無いペダルでキャッチミス軽減。ポジションも出しやすい。

定期メンテナンスさえ怠らなければペダルは凄く長持ちする。

2010年1月に使用開始して2年8ヶ月程、べダルはノントラブル。

定期メンテナンスと言ってもグリスアップだけです。

ペダル外側の小さなプラスネジを外して、その穴に専用グリスガンを差し込み、グリス注入。

特に難しい事は無いですが、グリスガン頭を押し込み気味に。

でないと、グリスがネジ穴受けのキャップ?の隙間からニョロニョロとはみ出ます( ̄ー ̄)

正しく押し込むと、ペダル反対側から黒く汚れたグリスがはみ出てきます。

こんな感じ。汚い…

何度か繰り返すと白いキレイなグリスがはみ出てきますので、それで完了~

実施タイミングですが、ペダル手で回してみて、クルクルと軽く回ったら、グリスが切れているって事。注油しましょ~。

△page top

チェーン清掃など 

先日、一日出かけることも無く暇をもてあまし、
ちょいちょい自転車掃除など。

暇つぶしのトーシロメンテですが、最近バイク生活を
始められた、仙台のバイク仲間、PGさんにもご質問いただいて
おりましたので。。

■チェーン
チェーンはミッシングリンクなので、外して清掃。
軽油に付け置きが一番安価でキレイになるのでしょうが
パーツクリーナもなく、今日は贅沢にブレーキクリーナーを
吹き付けました。

清掃、乾燥後、取り付けてチェーンルブを。

愛用しているのはコレ、FINISH LINE Ceramic Wet Lube
(現行品は仕様が変更しているみたいですね)
mente4.jpg

ミッシングリンクを起点に1コマ間隔に、一滴づつポタポタと。
mente2.jpg
1周したら、ウエスで乾拭きして、再びポタポタとして再度乾拭き。

実走後にまた乾拭きしてもう1回だけポタポタとして
以降はしばらく汚れを乾拭きする程度で、結構持ちます。

■スプロケ
ばらして掃除すればよいのでしょうが、工具を持って
いないので、スプロケを下向きにして、ざっとブレーキ
クリーナーをスプロケ全体に拭きつけます。

で、ウエスの端っこにブレーキクリーナーを吹き付けて、
こんな感じにギヤの隙間にウエスを入れて、スプロケを
回しながら掃除してます。
mente1.jpg

■パーツ清掃
ブレーキクリーナーでディレーラー周りやらに溜まって
いた汚れを除去。
mente3.jpg
※普段は外でやってますよ。撮影用に屋内で。
(雨の日とかたまに室内でもやりますけど。。。)

■フレームお掃除
フレームにはコレ、プレクサスを愛用。
ツルツルピカピカになります。
mente5.jpg
(ドンキで半額以下でした)

まぁ普段はこの程度ですかね。フレームはライド後
毎回やってます。

乗ったらキレイにしないとね♪

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

ブログランキング参加中~
ワンクリックお願いします!



















テーマ: 自転車

ジャンル: 趣味・実用

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。