その坂の向こうに〜G5&TARMACで駆け上がれ!

GIOS AMPIOで始まった自転車ライフ。BH G4でヒルクライムに目覚め、BH G5で抜け出れなくなり、ついに禁断のSWORKS TARMACに乗り換えました〜

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

龍勢ヒルクライム 2012(当日) 

ずいぶんと時間が空きましたが当日です。。。

5時50分に監督が蛍光灯をおもむろにON。「6時や!」いや、まだ10分ありますけど…(´Д` )

眠い…隣の部屋で深夜までデカイ声でおっさんが騒いでいて寝れんかったわい。。

軽く温泉に入り、そそくさと着替えて補給。おにぎりを二個と薄皮あんぱんを二個。おにぎり、地元スーパーで98円だったんですが、鮭と書いてあったけど、食べたら梅とか…( ̄▽ ̄)

7時過ぎに出発。宿から会場の吉田総合支所までは車で10分くらい。

下山荷物をあずけたら、アップへ。
吉田総合支所交差点から龍勢会館までを二往復して心拍を上げておく。

右脚大腿四頭筋周辺は相変わらず重い感じ、ああ、コレは2日前の18ホールマラソンのお土産ダナ…

アップ終了後、スターティンググリッド争いに参戦!

僕の出るクラスは他のクラスの二倍~三倍のエントリーされている。

にもかかわらず、同時スタートなので前に位置しないとタイムは出せない。

サトカズにーさんと協力して、どうにか二列目位に位置取り成功。

タカさんも加わり、三人でスタートを待つ。タカさんは富士ヒル14分台、乗鞍も蔵王も美ヶ原も勝てていない…

まあ、着いていけたらめっけもん。

エキスパート、20代、30代前半、後半とスタートし、我々の手番。


スターターの「コースは通行規制していますが、時々降りてくる車がいるので気を付けて」などというギャグ?の後、スタート!

しばらくはバイク先導のパレード走行。バイク、35km/hで走っている。うー、40km/hは出して欲しいな。

スタートは上々、しっかり先頭集団に入れました。

脚の痛みも本番効果で気持ちが高ぶり、忘れている模様( ̄▽ ̄)

先導車がはけてペースアップ。
この時点ではタカさんより先行して集団中で走る。

中々のペースで次第にばらけ始める。集団後方まで下がり走っているとタカさんにパスされました。

流石に速い。ジリジリと離されていく。あっというまに視界に入る程度の差に。。

鳥居手前の勾配が上がるところでにじり寄り。鳥居後の急勾配でタカさんに追いついた。

やはりここで集団はばらけた。ここからはタカさんとの意地の張り合い。

トータルの実力じゃ大分差が有るので坂で詰めては緩い勾配で離れの繰り返し。

昨日試走したときに思い出した、集落近辺の勾配キツイところを巻き返しポイントに設定して、そこまではとにかく見える位置で踏ん張る。

集落で予定通り追いつく。
この後は勾配緩むと抜かれ、キツイとこで追いつきと、結果先頭交代しながらのトハン。

心配していた心肺機能的な問題も今のところ出ていない。頑張れそう。

11km過ぎ、昨日引き返した所。
この先は下り。林道の下りは小石がコロコロしているので、ペースはそんなに上げられない…んが、ここでタカさんに抜かれた(´Д` )

この先は道も狭いし、抜きどころが無かったような。。。

案の定、落ちてくる人もいてペースダウン。ぐぐ…タイムが…

右行きまーす!と声かけて抜かせてもらい、タカさんの前に。

残り1km、勾配5%くらいか?下りで入れたアウターのまま加速。

残り500m、「あっ!」タカさんが急加速。反応出来ず、そのままゴール。

タカさんの5秒遅れ…(´Д` )

結果、47分45秒。昨年の48分18秒を更新したものの、やはり超悔しい。

クラス別47/252位とか…上位18%ちょっとと二割には入ったけど、いかにも中途半端。。クッソー!


30代だとこのタイムでも上位20番代に乗るって事は、40代はやはり激戦区だな。もっと頑張らないと。

ゴール後は仲間と合流。皆タイムを縮めた模様。とくにパワトレ導入したぶりさん、やはり良い結果が出ていた。監督にショーリしていました。やるなあ!

ゴール地点が狭いので人で溢れ始めたため、いそいそと下山し龍勢会館でカレー蕎麦セットを食って解散しました。


まあ、ともかく今年の最終戦も無事に終わりました。

今年はヒルクライムてきには本当に辛いシーズンだったけど、こうして無事に最終戦を曲がりなりにも自己ベストで終える事ができました。

これも皆さんが飽きもせず付き合ってくれたおかげです。ありがとうございます!

競技はしばらくお休みです。
体調を整えに入ります。

競技は来年また頑張ります~!
スポンサーサイト

△page top

龍勢ヒルクライム 2012(前日) 

今年の最終戦、龍勢ヒルクライムにくらぶで参戦してきました。


朝ぶりさんと合流し、圏央道から関越へ。予想より早く、12時前には到着。

吉田総合支所でコンビニ弁当を補給しつつ、くらぶの仲間の到着を待つ。

程なく皆集合し、受付を済ませて試走へ。

監督、エース、スーパーGキヨさんはフルコース走るそうな。初めからエースが飛ばし気味。ここはツキイチで様子見。。

次第にバラけるも、序盤は緩やかなので30km/h超で付かず離れず走る。本番は35km/h~位では走りたい。

うぐ…右大腿四頭筋、右内腿がピクピクと…ちょっとやばそうだな。ペースダウン、最後部に…

徐々に勾配がキツくなり、山に入る手前では8%超えてくる。ここいらでインナーにシフト。

鳥居を左折すると14%超の坂が現る。ここで追いつき先頭に。本番でもここで集団がバラけるだろう。得意な斜度だし頑張りどころになるな。

僕はここで温存モードに。相変わらず右足攣りそうだし、美ヶ原の二の前はゴメンだ。

のんびり登る事にして、後続を待ちつつ明日の為に去年の記憶をたどる。

鳥居の二桁勾配くらいかと思っていたら、集落の辺りも結構な坂だった。案外覚えてないもんやな( ̄▽ ̄)
坂が多い方がライバルに遅れなそうだし、これは歓迎すべきか。

しばらく登るとまさに林道って感じに。去年のべーさんディレイラーポッキリ事件はもうちょい先だったかな…
などと考えながら、明日の本番に向け斜度を確かめるように登る…登っているうちに楽しくなり思わずダンシング加速~温存何それ?なトハンに( ̄▽ ̄)

いかんいかん、我に帰り11km地点のいったん下る手前で引き返しました。
まあ、ここまで登ったらあと少しなのて、温存も何も無いんですけどね( ̄▽ ̄)
この先が少し下りになるんだったな。




好きだなあ、こんな感じの坂( ̄▽ ̄)


下り途中ですっち、サトカズにーさんとすれ違う。やほー!

そのまま吉田総合支所までいき、先行組の到着を待ち、宿へ。


今回は大部屋( ̄▽ ̄)


相変わらず飯旨し\(^o^)/


締めの蕎麦、蕎麦つゆは甘めかな。

グラスの中身はエナジードリンク、はい、禁酒です。

食事の後はカラオケ大会に突入~( ̄▽ ̄)

凄いことに…明日ヒルクライムだったよね…?

何だかんだと寝付いたのは12時近かったような…

大会当日に続く…

△page top

龍勢ヒルクライム エントリー 

昨年に続き今年もエントリーしました、龍勢ヒルクライム。

今年の最終戦になるこの大会、45分目標としていましたが、諸般の事情でガッツリ追い込めないため、ボチボチと行くつもり。

11月が本番ですが、あっという間に当日になるのだろうな。

まあ、できるだけの事はしよう。
あ、その前に日産があるか。

△page top

龍勢ヒルクライム 2011 当日編 

一夜明けて当日。5時起床。23時には寝ていたと思うので、レース前としては過去にない程の睡眠バッチリ状態!

外はかなりガスっていますが、天候は問題なさそう。


コンビニ買い出しの朝食を補給し、いざ会場へ!

パレードランのコースを二往復して心拍を上げておきます。

その後は支所に戻り、今日はここで一つ仕込みが。

くらぶを離れ、長旅に?出ていたある方とくらぶの面々の仲直り再会♪

さらに、ほっしーさんも合流!

しばし談笑し、仲間はそれぞれのスタート位置に。

僕は男子D。もっとも人数が多く、出走者306人。

くらぶからはサトカズさんと僕の二名がこのクラス。

先頭から真ん中位に位置どり。ちと並ぶの遅かったか。

エキスパートから順繰りにスタートし僕らの番に。

合図と共にスタート!

パレード区間はバイク先導。30km/h程で走行。

ジワジワと出来るだけ前よりに移動し先導バイクがはけ、ペースが上がります。

さて作戦は…何と今回は少し温存気味に。柄にも無く考えて走りました( ̄▽ ̄)

スタート前までは鳥居で燃え尽きるくらいのスタートダッシュ狙いでしたが、スタートしていきなり脚が重かったので。

鳥居までは集団を肉眼で捉えられる範囲で。
それでも30km/h~35km/h位の速度域を中心に走る感じ。

小学校を過ぎた辺りから全体的にペースが落ち始め、鳥居手前から勾配が上がり、ギヤをインナーに入れてそのまま鳥居をくぐります。

鳥居からの激坂はダンシングで。
この位の斜度と距離は好きな坂♪余り苦になりません。

ただこの区間は急にペースが落ちて混み合うので、声出して右から追い抜きです。

変速が間に合わずガチャガチャとしている人などもいて、アブナイ。

激坂後は勾配が緩くなるので、アウターで速度アップ。

アベ20km/hを切らないように勾配緩めば休まず踏む。

ここから暫くペースの合う人が見つからず、気が付くとペースが落ちています。マイペースはヤバイ。

残り6kmでようやくいい感じの目標を見つけペースアップ。

一つ目のカーペットを超え、引き続きペースアップを意識するも、何か追い込みきれず。。

二つ目のカーペットを超えた所でアウターに入れてようやくスパート。

遅すぎたスパート、47分は超えて48分18秒でゴール。

うむー、まあ目標達成たが何かこう、やり切った感が少ない…

下山用荷物を探していると、ベーさん来ました!

48分56秒と。やった!DNS危機から復活!思わず握手!

仲間も次々にゴール。永遠のライバル
"旅人"(元チェーン落王)も来なすった!

タイムは…48分34秒とな。
十数秒という僅差で僕の勝ち。勝ちは勝ちじゃ( ̄▽ ̄)

が"旅人"はビギナークラスにエントリーしており、何と優勝!( ̄▽ ̄)!

その後ほっしーさんとも会えました。
3秒僕の負け!負けは負け…(´Д` )

何とエキスパートクラスでくらぶのエース ナガタ君が二位!!やるー♪

峠が混み合ってきたので、べーさん、すっち、サトカズさんと下山。

下山後は表彰式です。改めてエース ナガタ、すげーわ。

表彰式最後はビギナークラス。訳あってこのクラスにエントリーした"旅人"、優勝のオマケ付きとはやるね!

そして、笑の神はここに降り立った。

副賞なんと重量15kgのイカした自転車!

輪行の彼はどうやって持ち帰るの~( ̄▽ ̄)

しばらく弄らせてもらい、地元に寄贈とかも考えたようですが、大会本部が宅配してくれる事に落ち着きました。

今期最終戦、無事に終わりました。

私的には富士ヒルクライム以降、急降下だった調子も
どうにか戻りつつあり、目標タイムでゴール出来たし、まあ良かったかな。

何よりも"旅人"が旅から戻ったことが嬉しい大会でした。

冬季もシッカリ乗り込んで、来春以降に良い状態に持っていこう~。

テーマ: 自転車

ジャンル: 趣味・実用

△page top

龍勢ヒルクライム 2011 前日編 

今期最終戦、龍勢ヒルクライムに参戦してきました。


前日入りでしたが、それ程遠くもないため、朝もゆっくり。自転車競技前は大体完徹なのですが、今回は何と!5hも寝たすよ( ̄▽ ̄)

おかげで体調も良い感じ。

すっちにお迎えしてもらい、ぶりさん宅へ。

比較的順調に現地に到着し、受け付けを済ませ、試走へGO!
…とべーさんのホイール、バルブエクステンションが前後とも飛んで、僕のキシエリに履き替え。乗鞍以来、定番化( ̄▽ ̄)

気を取り直してスタート♪

本番前なんて関係ない!という走りの先頭集団。
追走するも流石に全力は躊躇して七がけ程で付かず離れず様子見。

鳥居を過ぎて、林道に入るとベーさん絶好調!グイグイいきます。とその時ベーさん突如ストップ!

チェーン落ちたか…と思いきや、事態は深刻…

何と、リヤディレーラーが折れた…

べーさん曰く、勝手に変速する様になって、あれ?と思っていたらホイールがロックしたそうな。。

破損箇所は違いますが、僕の談合坂と同じ前ぶれ。
しかしあり得ない事態に一同唖然。。

その場はどうしようもないのでチェーン、破損したディレーラーを外し、下山…

キックボードと化したバイクに跨るベーさん…

顔で笑ってココロは…痛いほど分かる!

二人で下山…追っかけぶりさんも下山。

べーさんはDNSを宣言し、やけ酒モード(´Д` )テヤンデーバロー

僕は駄目もとでiPhoneで自転車店を探すもママチャリ店位しか見当たらない。

一旦諦めて宿に移動。移動中に何かでググったら、ロード扱う店が市内に!
検索キーワードは忘れましたが、その名も「タカハシサイクル」創業は1946年!

早速電話すると5700系105のRDなら在庫あると!

ベーさんは皆に迷惑と遠慮してましたが兎に角ショップに。

歪んだハンガーを応急処置し、テキパキと取り付け。店長、やるな。

変速の渋さは残りましたが、見事復活!


礼を言ってショップを出発。仲間と温泉と飯とビールが待つ旅館にGO♪

大量の食事とビールと焼酎で前夜を締めくくり、就寝( ̄▽ ̄)





長くなったので、当日編につづく。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。