その坂の向こうに〜G5&TARMACで駆け上がれ!

GIOS AMPIOで始まった自転車ライフ。BH G4でヒルクライムに目覚め、BH G5で抜け出れなくなり、ついに禁断のSWORKS TARMACに乗り換えました〜

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

入山峠と醍醐林道 

入山峠と醍醐林道を登ってきました。
山中湖以来のまともなライド。


しかし朝からとてつもなく暑い。。出発は6時45分でしたが、すでに30度とか。。泣ける。

あいかわらず走りにくい多摩川CRを経由して武蔵五日市側から入山峠へ。

ここまではもうね、熱気との戦いでした。。

入山峠は序盤の緩坂区間でごーちゃんが突如アタック。スプリント力のあるゴーちゃんを容認したら追いつけないので、ここはついて行きます。。と意地の張り合いスタート( ̄▽ ̄)

急坂前に単独走に。その後は二桁勾配が続く。相変わらず良い坂だな。峠に着いて一呼吸。熱風吸い込むような感じの登坂で、脚よりも心肺が限界に。暑さにまいってしまった。。頭痛いし。

一旦下ってやすさんと二人、醍醐林道へ。何でこんな酷暑にまた登るんやろね。。他の方は熱中症を避け、当然のショートカットで夕焼け小焼けへ。

「サイクリングですよー」と宣言して登り始めるも、斜度12パーとかでは上げてくしかないし、サイクリングは不可能( ̄▽ ̄)

脚の疲れはあまりないのですが、とにかく暑くて。。空気がムアっとしていて頭がボーッと。。暑さがツライ登坂を終え、売店でコーラ補給。最高に美味かった…

和田峠を下り、冷やし山菜うどんを補給。


食後は八王子までの平地ベタ踏み大会。~45km/hで意地の張り合い( ̄▽ ̄)途中、ごーちゃんに先頭交代してホッとしたのは内緒です。。

後は浅川、多摩川CR経由で帰路に。

暑かったけど、久々のまともな坂は楽しかったな。

乗鞍までにもっと乗りこまないとなあ。
スポンサーサイト

△page top

山中湖 

いつぶりだろうか。。久しぶりに山中湖にいってきました。


集合は6時45分、むちゃくちゃ眠いし。。

尾根幹から長竹を登り、どうし道に入るルートで山中湖に向かいます。

尾根幹も長竹も温存。。などせず、せっせと脚を消費させる( ̄▽ ̄)

どうし道に入ったら山伏に備えて温存。。などせず、さらに脚を消費( ̄▽ ̄)

水汲み場で一呼吸おいたら、後は山伏峠トンネルまでノンストップ。

気が付いたらおやじさんが先頭集団に居るし。。さすがのペース配分だな。

おやじさんと意地の張り合いして峠に到着。工事中ですね。


ここから山中湖は下りなので、あっという間。湖畔でくつろぎつつコンビニ弁当を補給してどうし道を戻り帰路へ。

山伏峠までは地味な登りですが、後は基本的には下り。

初めの登りで逃げに出ました( ̄▽ ̄)
しばらくは単独走。逃げが決まったか。。と思っていたら、仲間が二人で回しながら追いついてきた。

その後は苦手な下りで離されそうになるところを必死に踏んで、後半の登りで再度逃げて、どうにかセブンイレブンまで逃げ切りました。あー楽し、ツールごっこ( ̄▽ ̄)

帰宅を急ぎたい私は城山近くまで皆と走り、休憩を取る仲間と別れて帰宅しました。

173km、2300mup、楽しかったな。また行こう~っと。

△page top

坂トレ 

今日はくらぶランです。目指すは半原越。
朝は多少寒いですが、桜も咲いてすっかり春ですね!


尾根幹から町田街道に出て、城山湖を横目に長竹方面に。

タカさんがオモローなところがあると長竹に入る手前を左に折れてしばし直進。

「ここですよ」と案内されたのは相模湖CC坂。

距離はそんなに無いんですが、勾配がね、20%とか標識でとりました( ̄▽ ̄)

大きく3つ程の20%級の坂がお出迎えです。特に最後の直登二段坂はしねますね。中々良い練習になりました。

次は半原越。
距離は3kmくらいですかね、二桁もありましたが、さっきの坂の後ですから?すんなり登り終えた感じ。


次は土山峠
ユル坂な感じでスルスル登坂。ここまでで1000up。


宮ヶ瀬に向かい、補給。
かき揚げ丼定食は重いかなあと、天ぷら蕎麦大盛頼んだら、こっちもスゲーし。
ジャンボかき揚げが2個どんぶりからはみ出てました。蕎麦もしっかり大盛♪


食後のデザートに長竹林道を逆側から登りました。

この辺りから参加の坂バカ達の感覚が故障。登りを求め走ります。

津久井湖北岸辺りの登りを入れ、その後はくらぶ御用達学園ルート、城山湖先町田街道を相武カントリー倶楽部方面に左折、東京工科大方向に向かう坂コースにイン。

山野愛子美容芸術短大手前を左折し、多摩ニュータウン通りまでも丘陵コース。ほんと、坂ばっかし( ̄▽ ̄)

ここまで、町田街道を回避でき、横浜線踏切を通らないて戻れる上、坂だらけの良いコースなんです。

聖蹟近くまで戻り、後はレクサスから連光寺かあ、と思いきや、いろは坂を登坂。

そうなるとね、記念館坂です。
ああ。。これで終わりかあと思いましたが、連光寺鉄塔プラス尾根幹若葉台坂を提案したところ、賛成多数?で可決( ̄▽ ̄)

最後は多摩川側道でta2daにーさんと維持の張り合い。リハビリ終わるの早過ぎですよ。。

結局120km程で2,000up。坂三昧の楽しいくらぶランでした\(^o^)/

△page top

入山峠~醍醐林道~大垂水峠 

くらぶ練に参加。
今回のコースは僕がくらぶに入りたての頃に行った入山峠を含む、120kmちょっとのコース。

予告なくエース登場~♪心強い味方の登場ですね!ハイペース、高強度はこれで決定( ̄▽ ̄)

先ずは武蔵五日駅までの追いかけっこ。一度エースから切れると、もう単独では追えない。

じみーさん、みよっちゃんと自分の三人で追っても追いつけない…
残りの山岳を捨てる気で走れば別なんでしょうけど…

そう言えば、武蔵五日駅前にセブンイレブンができとりました。今度から休憩はコッチだな。

休憩を終えて最初の山、入山峠へ。

序盤は山道に入るアプローチ的な緩い斜度。アウターでエースに着いて行く。次第に斜度がキツくなりジワジワとエースが遠のき、視界から消える…

すでにインナー、25Tも多用しクルクルと回して登る。この辺りは道幅は狭め、斜度もキツくてダンシングで後輪が空転します。

グレーチング越える時、ズルっといきそうなので、慎重にペダリング。

峠道の切り返しは斜度も20%近くて脚を使うけど、距離は4kmほどと短い。

ゴール。如何にかエースがV練(一着は最後尾まで戻り、再登坂( ̄▽ ̄))に出る前に登り終えた。


全員登り終えたら一旦下って醍醐林道へ。

初の醍醐林道。入口は鎖で閉じられています。

鎖を超えたら登坂開始。エースが飛び出す。僕とみよっちゃんも追う。

序盤は7~8%の連続、1kmくらい走ると14~15%区間に。

距離はこちらも4kmくらい、平均勾配は9.4%とからしい。

二桁勾配にはいり、みよっちゃんが後退、ここも単独でエースを追う展開。追う?…追えてない、異次元の走りでまたしても速攻で視界から消える(本日二回目( ̄▽ ̄))…

醍醐林道の方が道が悪い。斜度がキツいのに苔やら悪路やらでダンシングは後輪滑りまくり。

後ろ加重にしてもズルっと…危ないのでシッティング中心に踏み込むペダリングの繰り返しになり、疲労は大腿四頭筋に集中…

距離は入山峠と変わらんはずやのに、何か長く感じる。

ソロソロかなあと思っていたら、上からエースが…あーくそ、V練出発に間に合わんかった…

少し走って山頂到着。


上からだとこんな感じ。


ここから下って和田峠の茶屋に合流。
裏和田を下り、大垂水(相模湖側から)へ。

エースはイキナリハイペース。
ちょ、せめて交番までは協調体制で…と、心の叫びも届かず…

結局登りを前に必死に追う展開…( ̄▽ ̄)

ま、全く着いて行けずお約束のように視界から消えるエース…( ̄▽ ̄)

交番でみよっちゃんを待ち、ヨーイドン!

せめてアベレージ20km/hを超えたいと思うものの、脚回らない…19.8km/hでゴールorz...


全員登り終え下山。

八王子側に降りて昼食とって帰路に。

うむー大垂水、対した距離走って無いのにこの始末。。龍勢でタイム短縮できるかしら…

それでも坂三つ、エース参加で良い感じに中身の濃い練習ができたかな。

△page top

またも尾根幹~長竹~東南林道~牧馬~大垂水 

くらぶ練の話し。
コースは尾根幹~長竹~東南林道~牧馬~大垂水。

今回は心拍上げる事も厳しく、脚回らないし、とにかく疲れてしまった。

尾根幹先頭牽くもゆっくりペース。エースの様にはいかない。

長竹、東南林道は頑張ってはみたけど、どうにもペースが上がらない。でもココは好きな坂だな。後半の二桁勾配はヤル気にさせてくれるよ。


続いて牧馬峠を道志道側から。
毎回思うけど、本当は相模湖側からのアプローチが好き。

ココもサイクリング( ̄▽ ̄)

最後は大垂水を相模湖側から。
ここもアベ20km/hを切ってしまった…


とまあ何とも言えない走りでした。
今季はもう仕方ないな。乗れるだけでも良いって事だ。

それにしても秋の山道はとても爽やかでは知りやすい。最高の季節ですね!

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。